吉秋レターのはてなのブログ

サルレター吉秋のブログ

好きなジャンルが四散した男

 

昔はこの傾向は俺の好みだ!

というものがあった気がする。今でも多分ある。

しかし、まもなく十の桁が3になろうとする男、見境がなくなった感もある。

 

「好きなキャラクターのタイプは?」

 

これが15年前なら、綾波レイと回答していた。

無口クールキャラに熱を上げていたのは間違いない。

ただ、今は困ってしまう。好きなキャラクターは挙がるが、傾向は自分でも見失ってしまった。

そこで、物ごころついていた頃から、女性キャラに限って思い起こせる限り思い返してみたいと思う。

 

 

2001年(11歳)に自覚したキャラ萌え

グゥちゃん。

ジャングルはいつもハレのちグゥのグゥちゃん。

まだまだ萌えとか自覚ないけど。

ウイグルが萌え~!!ってウエダに人妻萌えしちゃうくだりも、マリィと同じ目線で萌えって何?と思ってた。

なんかいきなり飛ばしてない?大丈夫この人。

デフォの方なのよ。美少女化したグゥじゃなくて、デフォのグゥ。

運動会で木板を6角形に加工した太鼓持って踊る演目があったのね。

その木板は好きにデザインしてよかったんだけど、グゥちゃんのイラスト書いてた覚えがあるのよね。

ちょうどアニメやってて、それで知って単行本集めてたんだけど。

そうか、金田一先生とはこの頃からの付き合いだったのか。そっからラララまでずっと追いかけてるよ俺は。

あるみちゃんの学習帳とか、チキンパーティまで抑えてんだよ。アストロベリーもあるぞ。

目つき悪いキャラが好きなのは今もあるかも。

今にギャグテイストになんねぇかな。

 

2002年(12歳)に自覚したキャラ萌え

 

シャウトちゃん。

ボンバーマンジェッタ―ズのシャウトちゃん。

これまたずいぶん毛色変わったけど、グゥと同じ毛色のキャラなんていねーよ。

正直ボンバーマンジェッターズの内容今はもうほとんど覚えてないんだけど。

当時すごく好きだったのは今も覚えている。

何がよかったのかね、ビジュアルもかわいかったけど、ヒロインだけど主人公のお姉さんポジがよかったのか。

頼りになる年上お姉さんってわけでもなくて、しっかりしろ!って背中はたいてくるタイプのキャラだったけど。

ああいうのがよかったのかな。

マジでもうあんまりはっきり覚えてないけど、好きだったことは覚えているのよね。

 

 

2003年(13歳)に自覚したキャラ萌え

特にこのキャラはまったーはない。

この頃にまんがタウン読み始めたハズ。

4コマ漫画にハマりだし、ブックオフに通い始めたのがこの頃か。

みずしな先生にハマりだしたのもこの頃。

ダイの大冒険とか、今日から俺は!とかそろえたのもこの辺りか。

萌えというより、漫画好きという自覚をきちんと持った年だったと言える。

 

2004年(14歳)に自覚したキャラ萌え

綾波レイエヴァ

寧々子(Dears)

綾瀬夕映ネギま!

 

オタクという概念をここでやっと理解する、と同時に深夜アニメに触れて方向性がしっかり定まった年。

ちょうどケーブルテレビでエヴァ一挙放送してたりね。

美鳥の日々とか、花右京メイド隊とか見てたけど、特定のキャラ萌えには至らず。

その後にやってた激おっぱい宇宙人が出て来るDearsというアニメでナイチチ系の人間キャラに一番惹かれるという。

寧々子はすごくいいキャラだけどね!

その流れでラブコメおもしろいな!ってなってネギまとかに手を出して、綾瀬夕映にハマった。

本屋も好きだったけど、応援ポジのゆえきちが良かった(後に正妻候補に名乗り上げ出して、いったん作品と距離を置く理由のひとつになったりしたのだが)

でもやっぱエヴァに出会ってしまったのね。

当時の綾波熱は結構高くて、綾波育成計画とかすげー熱心にプレイしてたもんな。

あれを今やれって言われても多分できないわ。当時の熱量によるものが大きいな。

なんにしてもここでしっかりオタク路線引かれた。

 

2005年(15歳)に自覚したキャラ萌え

芹沢先輩(ToHeart)

るーこ・きれいなそら(ToHeaert2)

 

この頃も引き続いて、エヴァネギまとコンテンツは追いながら

ギャルゲに手を出した年だった。

高校受験だ!そんなことよりギャルゲーだ!

って感じ。

とにかく、無口だったりミステリアスなキャラが好きーって感じね

東鳩アンソロを買い漁りだす程度にはこのコンテンツにハマった。

無印は芹沢先輩一択だったかな。

アンソロ経由ではセリオも好きになったけど。

2は最初いいんちょもええな、姫百合姉妹もええな、とかふわつきながら、着地はるーこだったな。

でかいフィギュアも結局るーこしか買わなかったな。コトブキヤのフィギュア初めて買ったのるーこだった気がする。

もうまぎれもなくオタクに成り果てましたね。

 

2006年~2008年(16~18歳)に自覚したキャラ萌え

アルルゥうたわれるもの

水銀燈ローゼンメイデン

小牧郁乃(ToHeaert2)

 

ちょっとこの辺からざっくりになってくるかな。

エヴァも映画始まったり、ネギまは相変わらず追ってたし。

アクアプラスのギャルゲーも追ってた(ピンと来たキャラが居なかったけどルーツもやってた)

新たにグッズ買ったなーとか、ファンアート追ったりしたなーってのが印象深いのがこの3方。

アルルゥは確かに無口キャラだけど幼さが・・

トウカとの絡みも好きだったけど、まずゲームでの強さもあってすごく気に入ってたね。

かわいいし。

Dearsで知ってたけど、ローゼンに手を出すのが少し遅れたのよね。

手を出して割とすぐ幻冬舎騒動によるうっすい最終巻事件が起きたんやけど。

あの頃から原作あるならアニメ見なくても??って感じなったんかな。

あくまで原作銀ちゃんが好き。おなか銀ちゃんも別にダメじゃないんだけど、同人作品読んでる感じあるよね。

最初は翠星石かなーって感じだったけど、やっぱ銀ちゃんがナンバーワンや!ってなったね。

かわいいのよね、めぐとの交流シーンとかもすごくいいし。

るーこの次にフィギュア買ったかなー十字架の上で座ってるやつ。

ドール買うか最後まで悩んだね、管理ができない!きっとダメにしちゃう!って断念したけど。

あと、丁度18になるかならないかぐらいの時期に東鳩2の別日が出たのよね。

いくのちゃん、激かわいいやん。話はメチャクチャやったけど。

はえー、まなかルート後の話かいな、間違えて寝ぼけてって最悪やんけ!!!

とかなりながら、でもかわいいのね。

 

なんか当たりキツい子好きなんかな。

そんな10代後半っぽいな、こう見ると。

 

2009年~2010年(19~20歳)に自覚したキャラ萌え

アリス(東方project

パチュリー東方project

 

もうぼちぼち、過去にハマってきたものたちを追い続ける人生になりつつあって。

新しいジャンル何かハマることあるかなー?

ってぐらいの時にガッツリハマりだしたのが東方。

認識はもうちょい早めにしてたと思うけど。

この辺りから同人誌とかに手を出し初めて、百合という概念としっかり向き合うことになるのね。

基本的に紅魔館メンバーが好きで、そこでわちゃーっとなる話が好き。

でも、キャラクターでって言われたらアリスかパチェになるかな。

紅魔館メンバーか、アリスがメインになる同人誌をよく探していた。

さとうきび畑に両方を満たすすごくいいのがありましてね。

ニコニコ動画に東方漫画アップしてたのもこの頃だな。

百合というジャンルに迎合して、キャラ萌えとかそういうことじゃなくなったのかもしれない。

なんか特に話も無く、かわいい女の子がお話してるだけ、みたいな漫画ばっかり読むようになったのもこの辺りからかな。

 

2011年~2014年(21~24歳)に自覚したキャラ萌え

佐倉杏子まどマギ

加賀(艦これ)

夕立(艦これ)

バファローベルオリックスバファローズ

 

東方以降、新ジャンルにハマるという体験があるのか??

と思い過ごしていたところ、まどかマギカが出て来てね。

これも、普段アニメ見ない友人が面白いよーって言うから見たのよね。

ちょうどマミられてた気がする。

ここで一番自覚したかなー、これまでの傾向だと絶対ほむほむ一択なのよね。

好きになるキャラクターとなれば。

でも、気が付いたら杏子ちゃんにハマってたな。

当時は少し後から出てきたのもあって、公式絵も杏子ちゃんだけいないことが多くて、グッズが少なくてな・・出たらとりあえず何でもいいから買う!って感じだったな。

作品ごと結構な感じでハマってたから、ねんどろいどfigmaは漏れなく買ってたな。

杏子ちゃんだけはでかいの、グッスマのヤツ買ったわ。

ぶっきらぼうだけど優しいのね、まどあん漫画をpixivやSSで血眼なって探して読んでたわ。

で、もうこんなハマるジャンルないやろ・・と思ってたら数年後に艦これね。

加賀さんはこれまでの傾向で相違なくハマるべくしてハマったけど。

最近やってないけど、最初のケッコンカッコカリ艦ですわ。(あと二人は大井、北上に各々のな!って感じで渡したから実質加賀さんだけって心つもりではあるが)

きっしょい注釈

夕立はまたいままで無かったかな、天真爛漫キャラに惹かれるとはなー

単純に改二になって強かったし、よく使ってたし、愛着も沸いたしな。

なのにイベント時の誤操作で轟沈させてしまって、そこからまた鍛え直してーとか。

思い入れもあったしな。

キャラも強いから、アンソロにもよく出て来るし。かわいい子だ。

あと、球団マスコットにずいぶん入れ込んだ時期でもあった。

バファローベルちゃんを初めて見た時の衝撃な。

在阪ベイスターズファンの俺が、ベルちゃんも見れるなら・・と、オリックスのファン会員になったのだ。

野球の無い時期、バレンタインにベルちゃんのイベントやってて行ったりしたなぁ。

ベルちゃんを見た時のこの胸の高鳴り、これがアイドルを推すという気持ちなのか!??

ってなったのをよく覚えている。

 

 

 

2015~2018(25~28歳)に自覚したキャラ萌え

フレイア(マクロスΔ

諸星きらりデレステ

赤城みりあデレステ

 

働き出して、もうあとは過去の遺産か?

ビックジャンルにハマることもないか、と思ってたのね。

マクロスΔは映画化するから、見に行こうと誘われて予習してたんだけど。

ヒロインキャラにハマることがあんまりなかったけど、りんご大好き!って感じが良かったんかな。

ひたむきさとか、純粋な努力とか、そういう自分に失われてしまったモノに惹かれ始めたのか。

ピカっとルンが光れば~の後の腕振りダンスめっちゃかわいいよな。

その後ぐらいに、音ゲーなんかやりてぇな。ってことで色々DLした結果しっくりきたデレステ

アイドル系の二次元コンテンツに一切興味を示してこなくて、今回も音ゲーやりにきただけだしーという感じではあったけど。

でっかい意味不明な言語を操る異才のアイドルに心を打たれ、あまりにも真っ直ぐで純真な小学生に心を打たれ、しっかりハマっていきましたね。

おじさんになってきて、頑張ってる10代を応援したくなる気持ちになってきたのかね。

好きなジャンル広がってきたとかじゃなくて、単純な年齢による心境の変化か?

そんな気もしてきた。

 

 

2019年~現在(29歳)に自覚したキャラ萌え

キティちゃん(サンリオ)

 

今年ーというか、去年新たに激ハマりしたコンテンツはないかも。

強いて言うなら、埼玉出張してた時に行ったサンリオピューロランドでキティちゃんのかわいさに心打たれて来たぐらいか。

すげーかわいかったのよね。

元々キティパラ世代なので、サンリオキャラは馴染みがあったのよね。

まあでも、王道キティちゃんに今更ハマりは・・と思ったけど、目の前に実写のキャラクターがいてる、その時に一番カワイイ!素敵!ってなったのは紛れもなくキティちゃんだったのだな。

アレはグッズとかそういうのじゃなくて、動くキティちゃんを見て改めて思い知るかわいさというものがあってな。

まーアイドルですわな。

みんなのスーパーアイドルそれはキティさー

ということですわ。

 

 

まとめ

何もまとまってない。

無駄に長いし、何言うてるか分からんし。

分かってたな。途中で飽きてきて数年分まとめとるし。

最近の事ほど、時系列が分からなくなったのもあるけど。

あくまで挙げたキャラクターも、代表的なもので。

その間にハマった漫画やらなにやら細かく上げていくと本当にキリがないから。

 

無口クールな面倒見のいい少し暴力的、だけどひたむきで努力家のアイドルが好きってことで。

 

毎度のことながら最終的にこれで何がしたかったか分からん企画するな。

マデゥ

 

まだ仕事は決まってませーん

無職です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無職になった男

さあ、無職だ!

 

2020年1月15日から絶賛無職になったサルレター吉秋です。

そう、めっちゃ暇を持て余しているハズなのに正月以来まともにブログも更新していない話。

なんかね、そんな急いですることも無いんだけどね。

何かしてるかって言われると、取り立ててトピックはないんだけどね。

 

結局何かしようと思うと、今時間はあるけど心に余裕がそれほどないのと、金がとにかくない。

 

全く無いわけじゃないし、たまに友人とメシ食べにいったり、たまには運動しようと1000円使ってゴルフの打ちっぱなし行ってみたり。

何かはしとるんだけど。

 

職が決まらないことには、何かこうひっかかる部分がどうしてもある。

あんなにも働きたくないのに、働いてないならそれはそれで自由に行動できないんだって。

おかしいね。

 

まあ、なんとなく分かってたけど。

そういうの気にしちゃうのよね。

今あるお金もあとはすり減るだけだし。

これから住民税だの国民健康保険だの年金だの言い出したら、切り崩しもすぐなくなるじゃん。とかなんとか。

 

年末から年明けぐらいはその焦りがちょっと大きかった。

転職活動が思うように進んでいなくて。

よく考えれば、年末年始なんか企業も採用活動に力の入らん時期なんだから、音沙汰無いことにそこまで焦ることもなかったんだけど。

それも分かってたんだけど。

実際、書類選考通ってる会社がゼロって状況が年末から年明け1週目ぐらい、2週間強続いていたのよね。

これマジ決まるか??

って焦燥感はどうしたって出ちゃってたのね。

 

まあ、それでしょげてても仕方ないから求人サイトぐるぐる回ってさ。

一軒だけなんだけど。

 

ちなみに、リクナビエージェントを使ってます。

 

理由は、異業種への転職を希望しているから。

他サイトは、収入をあげるぞ!労働環境を改善するぞ!自分のスキルを活かせる場所で!!

という感じで、同業他社への転職斡旋がメインっぽかったのね。

まあ、リクナビもそういう側面もあるんだけど、他社に比べたら規模はでかい。

求人の量が違うから、未経験の業界にも紹介があるってのが大きな理由。

一応、面談とか行って決めたけど。

 

あー相変わらず思いつきで書いてるから支離滅裂やな。

まあいい。

 

先週ぐらいに1件やっと書類選考通ったのよね。

そこも、12月の中頃に応募したとこ。

やっぱ時間かかるとこはかかるよね、一対一で応募・求人しとるわけちゃうし。

そしたら、書類選考も手を緩めてちゃダメだなー

と、数件応募してたらバタバタっと書類選考を通過しだした。

 

今現在で4社面接いく事に。

 

そうそう、それぐらいなってると、転職活動してる感じもして少し心も安定してくる。

転職っていうか、もう無職になってるから再就職やわな。

 

一応年間休日とか、残業時間とか見て、まぁ謳ってることはマシやな。

という企業に極力応募してるけど。

 

実際はどうか分からんよなぁ。

まあ、ええんやけどね。

もらえりゃええのよ。

最悪な。

 

度が過ぎたら無理やけど。

 

年間休日70日、月の残業時間100時間越え。

土(月一回)日・祝は休日出勤手当付。

残業は32時間固定。

 

これは金詰まれても無理でしょ。

逆にこれでなんで6年もやってんのよ、当時もやばいなぁと思いながら働いてたけど度肝抜くわ。

 

ギッリギリ30手前で抜け出せてよかったね。

もう3か月ぐらいで30歳ですけど。

はっや。

 

このブログ開設したの15歳の頃よ。

ちょうど倍。何も変わってないなぁ。

 

さーてさて。

働きたくないけど、働かないと不安な意味不明な状況だ。

心が病むわ。

 

玉出張中に実際2回ぐらい病みきってしまいそうになりながら。

なんとか無事に帰ってきたんだから、元気に生活をしたいのよ。

 

労働は否定するけど、結局現状は労働しなきゃ元気に生活を送ることが難しいときたもんだ。

いや、手元に億の金が常にあるなら働かないけどさ。

そんな極論いうてても仕方ないしな。

 

でも、根本の労働の否定がな。

働かせてくれ、と企業に訴えることの矛盾がな。

もう30近いんだから、いつまでいうとんねん、ってのもあるけど。

逆に30近くてこの思考は変わらないんだから、どうしようもないけど。

 

働きたくないけど、働かないとは言うてないんだよ。

俺はあのむちゃくちゃな状況でも一応働いてたからな・・

はーもうなるようにしかならん。

 

なんとかしますわ。

 

結局何が言いたいか自分でもよくわからんまま終わり。

 

 

2020年になったわ

あけころ!

 

2007年から言うとるけど一生はやる気せんわ。

これ毎年言うとるな。

 

13年間言い続け取るわ。16歳やろ、あの頃から何も変わってないということだ。

 

今年は退職も決まっているので色々環境の変わる年になる2020年。

ぼくもあと3ヶ月で十の桁が変わります。

嘘でしょ、絶対嘘やわ。

 

成長と年数の勘定が一切合ってない。

どこに30歳になる要素あんの?

マジ?

 

あけころいつから言い始めた?ってちょっと過去記事探ってたけど、文章が痛々しいのは確かだ。

今書いてる文章も数年後に見たら痛々しく感じるのかしらね。

 

就職は間違いなくしなアカンからそれはおいといて。

2020年も目標をいくつか。

 

・何かしらつくる!

もう全然具体的ちゃうし、ひとつめから。

RPGツクールとか、台本作るとか、そういう方面ね。

創作関連で。

マジで何も生み出してないから、働き出してから。

でも、台本系に関しては一緒に演じてくれる人とか、逆に他の人が台本作ってそれにキャストとして参加するとか。

そういう土台だけは作ったのよ。

作ったというか、声掛けてもらったんだけど。

これは無駄にすることなくしっかりやってきたいわね。

 

 

・資格とる!

これも5年ぐらい何も取れてないから。

第一種衛生管理者取得してから何も取れてない、5年ぐらい。

具体的には保育士資格取ろうかな。

あともひとつぐらい、何か探して取得しようとは思う。

決まった就職先で必要なものが出てくればそれでもええけど。

 

そんな感じ。

 

ああーあとはこれはまあどうかな。

もうちょいブログもしっかりやっていきたいけどね。

仕事初めてからブログの更新頻度激落ちしとるもんね。

SNSに取って代わった部分もあるからある程度は仕方ないにしても。

 

それをどうにかしようとして、学生時代のエピソードトークを書こうみたいな試みもしとるけど。

もう10年以上も前の出来事を思い出して書くのもなかなか苦労する歳になってしまったことだよ。

 

以前よりは色々できる環境になるはずだから・・

何かしたいね、何かだ!

何かぁーーー

 

今年は激動の年にはなりそうなので。

色々できりゃあな、とは思ってます。

 

2020年もしくよろでぇーす!!

 

ウッス!

 

 

 

 

吉秋レターのM-1GP2019批評

M-1 2019!!

終わった!リアルタイムで見た!

今年は相当面白かったぞ!

誰にも頼まれてないけどレビューしよ!!

死ぬほど偏見まみれだけどな

ネタ順で

 

 

ニューヨーク

サルレター的点数「50」

『トップバッターでよかったね』

 

ナメた態度が出すぎよね、先ず嫌いなんやけどな。

そらもう陰気なネット民だから、ニコ生炎上騒動を未だに言うよ。

でもな、俺はM-1グランプリ決勝に残る芸人を基本リスペクトしとるわけよ。

この場に残るってことは嫌いでも面白いネタを見せてくれるわけよ。

って思ってたよ、それがトップバッターであのクオリティでしょ。

マジで今年初出場組み多いし、終わったと思ったこの大会。

歌ネタを否定するわけじゃないんやけど、コイツらが歌ネタしてんのが更にムカついたんやな。

 

王道漫才でやってますよ、変なことしませんよ、って感じで今までやってきてさ。

歌ネタの中に時事を放り込んでたけど、ただ放り込んでるだけやねん。

これがネタ番組の1つのネタならええけど、こんな中途半端なこと決勝でする?って。

俺は嫌いだったから、逆に期待を裏切ってくれと思ってみてたけど。

別に誰でもできる漫才やったな、漫才に一切個性を感じなかった。

90点台ついてるのがおかしいわ、松本さんの82点、それが全てや。

完全に勝手な想像やけど、思ったより周囲の点数が高いから、好みの問題で~って発言したんちゃうかな。

あ、でもあれよ。ネットではその後のやりとりも叩かれてるけど、あそこでふてくされた態度はキャラ通りやしそこは俺不快感無かったんやけどな。

ただただ、単順に面白くなかったわ。

この後の盛り上がり考えたら、マジで最初に処理できてよかったな。

へんに盛り上がった後に出てきてたら、もっと悪いイメージが残ったと思うわ。

誰も覚えてないやろ、もう。

 

 

 

かまいたち

サルレター的点数「93」

『天才っすわ』

贔屓目がちょっと強いけど、2番目に決まったときかわいそうって思った。

もう最後なのに決勝大丈夫か、2番目で・・得点も伸びづらいし、最初のネタで会場のムードも悪いし・・。

ただ、それ関係ないぐらいめちゃウケてた、すごかった。

逆に空気悪くされてるからトップバッターよりキツいかもしれんのにな、空気を完全にもっていった。

93点なのは、かまいたちファンにはおなじみのネタだったというところかしらね。

でも、彼らはM-1用に特化した漫才は作らないと公言しているので。

それは本当にポリシーを曲げなかったんだな、と関心はするけど目新しさがなかったのね。

でも、何回も見たネタでもやっぱり面白いのよね。そもそも面白いから何回も見てるんだけど。

これ超えるんか??って空気を作り出したのはマジですごかった。

 

 

和牛

サルレター的点数「89」

『好きじゃないけど面白い』

本当に好きじゃないのよ、漫才大会に出てこられると好きじゃない。

せっかく落ちたけどどうせ和牛が敗者復活やろ、と思ったらやっぱそうやし。

面白いからな。

去年のほうが俺は好きだった、まだ掛け合いがあったからな。

もうコントやねんな、キャラ漫才と大差ないねんやってることが。

でも面白いんやけどな、マジで好みの感じ。

毎回新しい切り口で~とは言うけど、コント漫才ならそら切り口も作りやすかろう。

と素人目には思っちゃうのよね、笑ったけどな。面白いし、審査員の点数に文句も無いんだけど。

やっぱ漫才は掛け合いしてほしいな。素に戻らないっしょ、和牛の漫才は。

ただそれをやり続けているから、すごいと思うけど完全に好みではないんです。

もうずっと言うてるし、その感情は拭えないからしゃーない。

優勝するなら去年だったね、当時も言われてたけど。

 

 

すゑひろがりず

サルレター的点数「90」

『一番の功労者』

去年はトム・ブラウンが思い空気ぶっ壊したとか評価されてたけど。

今年はこのコンビがすごく頑張ったからこそ、レベルが一番高いといわれる大会になったと個人的には思う。

前二組の常連が激高い点数出してきて、その後に超イロモノの漫才を披露せなアカン。

俺は無理だと思った、こんな空気でかなり異色の漫才は空気がまた固まるんちゃうか。

俺も素直に笑えるか?と思ったけど、杞憂やったな。

普通に面白い漫才だった、良かった。

初出場組が多い中、常連組との架け橋にうまくなってくれたと思う。

全力感がよかったんかな、毒も無く素直に笑えるお笑いというか。

漫才かといわれると難しいし、優勝するほどのネタの質は正直なかった。

でもキャラを突飛にしとるから、ネタは普通にしないと意味不明すぎるからな。

そこのバランスが難しいよな、キャラにあったすごいネタを作るしかないけど、認知され出したら、知られてる前提でネタもちょっとずつ普遍性外していけるようになっていけば、大会で優勝できるようになるかも。

ポテンシャルは高そうよね。

 

 

からし蓮根

サルレター的点数「88」

『周囲が言い過ぎたんか?』

ここ最近芸人が芸人を語る番組が増えてきて、そこでよく名前あがってたコンビ。

ネタは初めてみたかな、関西ローカルでオール巨人さんの店で働いてるみたいなやりとりだけ見てた。

ナイツの塙さんの著書で、「言葉の圧」というのがM-1では大事という話がある。

それがちょっと足りなかったのかな、とは思った。

ちょっと期待しまくって見たのもあったけど、若手にしてはもうちょっと勢いというか、キレがあってもよかったし、それを出せるネタだとも思ったし。

ただ、これツイッターでも結構話題なってたけど、最後の車をバックするくだり。

瞬間的な笑いで言うたら、今日の大会で一番やったんちゃうか。

ただあの爆発がもうちょっと先にあってそこから展開できてたら結果違ってたかもなぁ。

あのくだりは超笑ったから。

ただ、みんな面白い面白いと番組で言い過ぎたんか、とは思ったかな。

光るものはあったし期待はできるね、という感じ

 

 

見取り図

サルレター的点数「91」

『昨年の踏まえてのパワーアップ』

去年よりしっかり面白くなって帰ってきてた、そこまでめちゃくちゃスタイルを変えたわけでもなく、正当な進化よね。すごい。

ただ、そんな高得点にいたらなかったのは抑揚が無いのね。

テンポはすごくいいし、噛んでもテンポを損なわずにうまくやってた。

ただ、テンポよくずーっと一緒なのよね。転調が無いというか。

盛山さんの高めの声でツッコミ入ったり、展開を捻れそうな気はするんだけど、結局同じことがポンポンポンと繰り返されている感じ。

ただ、そのクオリティが屈指だから飽きないんだけど、この大会で高得点を出すには転調も必要になってくるのかな。

すごく面白かったけどね。

その噛んだところだけど。

盛山さんが一人でドリブルしてシュートしちゃったのよね。

あそこをリリーさんにもパスしてシュートできてたら伝説になっていたかも。

オードリーがそれをやったよね。

アドリブで点数取るわけじゃないけども。

 

ミルクボーイ

サルレター的点数「95」

『よく埋もれていたなこの逸材が』

メチャクチャ面白かった。

全然知らなかったのよ、全然知らなかったから逆にネタを一切見なかったの。

当日まで。

同じ展開をずっとしてるんだけど、だんだん元から離れていく感じ。

コーンフレークのネタが何故飽きずに面白く居続けられてかって、題材がすごくよかったね。

ネタ全体もすごく面白いんだけど、コーンフレークあるあるじゃない、最初って。

それも悪口の方の。あれがすごく刺さったのよ。

あるある言いますよ、って言われてなくて構えてない状態で、いきなり聞かされるけど、なんか分かる!っていう面白さがどんどん入ってくる。

そんでコーンフレークを意識させられてから、ちょっとまた異質なボケが飛んできたりするんだけど、いきなり飛んでくるより遥かに受け入れ態勢が出来てるからより面白く感じるのね。

これは個人的にツボだったのは、ボケの方がマッチョなんだよ。

なんでこんなガタイいいのよ、でもそれに一切触れないし。

いやーここで最高点でるか、とは思ったけどおかしくはないと思ったし。

良かったね。

 

 

オズワルド

サルレター的点数「94」

『令和のおぎやはぎ

このコンビも今回初見。最高得点出たあとどんなネタすんだろ。

そしたらめっちゃおぎやはぎみたいなローテンションで入るの。

その時点で、あのすげーテンポとテンションで畳み掛ける漫才の後に、よくこのテンション保ち続けて、自分のスタイル崩さずにいけるな!ってそこでもう笑っちゃうし、引き込まれたね。

でも後半はちゃんとテンポもテンションも上がっていくのよね。でもその世界観の中でテンションが高いって感じなの、そこがすごくよかったね。

でもやっぱM-1では不利かなーって感じはあるのかな、言葉の圧力というナイツ塙さんの言葉があって、さっきも言うたけど。そこは弱いのよね。

でも、それを強くしたらオズワルドの漫才ではなくなるよね。

そこを踏まえて、この自分たちのスタイルの中でうまく圧力を表現しててすごくうまい漫才をするな、とは思ったんだけどなー

感覚的なことだけど、高得点は無いのかな、とは思ったらやはり。

最初はマジでおぎやはぎリスペクトの漫才始まったと思ったけど、全体を見るともう完全オリジナルのすばらしい出来よね。

この大会で初めて見た組では一番好きになった。

 

 

インディアンス

サルレター的点数「89」

『躍進のカギはきむ』

評価は高いハズなんだけど、どうしても俺は既視感を感じてしまうんだよなぁ。

まあ、見た目がテンション高い白シャツの時点でザキヤマさんとか。

ツッコミのきむさんがポンコツキャラで結構バラエティで跳ねたりしてんだけど、漫才になるとあんまりなんだよなぁ。悪いんじゃないけど、彼じゃなきゃ成立しないようなツッコミのネタでもないから・・・。

結構ネットでも言われてるけど、アンタッチャブルの下位互換みたいなこと言われてて。

そこでこのコンビのオリジナリティを出すにはきむの飛躍しかないのではなかろうか。

面白かったけど普通なんだよな、なんか白い人がはしゃいでて楽しかったって感じで。

今もあんまフレーズとかくだりを覚えてないしな。

やっぱ基本的に、漫才で印象に残るのはツッコミなのよね。

ボケなんか道理にないことをするわけだから、元々頭に無いものは残っていかないのよ。

そこで、一言で共感できるフレーズをバチーンと残すことで記憶に残っていくというね。

「そういえば575じゃなくて797だな!」ってツッコミは覚えてても、797の俳句の内容は覚えてないでしょ。

まさにそうだな!っていうツッコミ、奇異なフレーズがなくても共感できるワードが出せるようなネタであればもう少し・・

 

 

ぺこぱ

サルレター的点数「93」

『迷走しながらも貫いてM-1に』

めっちゃ好きなのよ、着物でローラーシューズはいたり、一回フリーになったり、桟ミュージックに所属が決まったり、マジ苦労人なのよね。

でも芸風が着物ローラーシューズから変わってないのよ。色々変えてるけど、ネタの根本は変えてない。

それで決勝まで来たのすごいなって。

だから、M-1で3回戦とか準々とか行ってるときから、マジで?とは思った。

賞レースタイプでは絶対無いと思ってたから。でもネタ見て考えは変わったね。

着物時代のテイストはそのままに、4分ネタの漫才に昇華させてる、すごい!

これもシステムがずっと一緒だから単調になりがちなのを、結構力技だけどもう動きとかで無理矢理変調を作るのよ、そこがもう面白くて仕方ない。

ツッコミもボケみたいなモンだけど、キャラ作ってるほうがツッコミしてんのよね、そこもありそうで無かったよね。でもそれで成立させてしまうのがすごい。

キャラ漫才だし、変化球だし最初は決勝までは無理と思ってたけど最後に空気を持ってったし、決勝でも票は入らなかったけど失速せずにやりきってた。

今回は王者が強すぎたなーでも、すごく健闘してて感動したよ俺は。

面白かった!

 

 

 

 

最後に

 

決勝3ネタも書こうとしたけど、クッソしんどい。

こんな書くだけで体力使うとは。

決勝はミルクボーイが全く同じ展開のネタするのに、最初のネタの入りをすごくうまくやってたのが良かった。あれで同じ展開のネタをすることに見る側が受け入れる体制作れたと思う。

かまいたちのネタも超面白かったけど、ネタのつながりをうまく作ったミルクボーイに軍配があがったんかな。

ぺこぱは2本目も普通によかったけどな。

 

今年はマジよかった。

 

マジマジのどこからの目線やねん、誰やねんお前批評でしたー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有給消化中の男

暇や。

 

もう病気なんだね。

この暇時間で色々できなかったことを!!!

やりゃいいんだけど、振り幅がでかすぎて困惑しとる。

短期バイトでも入れるか?とか血迷ってる。

 

休めよ!!!

人の倍働いてきたんだから1年ぐらい休んでもええやろ!

ってな、給与も人の倍ありゃそれでもよかったんだけど。

そうじゃないので。

 

週5勤務で暇?とかなりそうで怖い。

休んで・・いや、今休んでるけど。

 

転職活動な。

一応応募はしとるけど。

書類突破するの平均で2割なんだと。

とにかくいっぱい応募する猿村にならなきゃだめだって。

 

条件精査すんのは内定とってからでもええで!

って話らしい。

 

探して探して、お!ここで働きたい!!

ってなっても、書類で落ちる可能性のほうが高いって。

 

働きたくないのにな!

 

再就職できるんか?

再就職するだけならなんとでもなるけどな。

 

あせらないことだね。

よーく考えないと。

 

これでまた同じような環境で仕事してたら、6年越しの退職の意味もねーんだから。

 

まあ、焦り倒したもんね。

大学生の頃の就職活動は。

 

焦ったというか、マジでどこでもええから雇えや!やるからさ!!

みたいな感じで。

 

結果仕事やらせりゃやるのよ、俺は。

全く未知の業界の仕事やったよ。

何のために大学行ったんや、ぐらい関わりのない業界入ってやったわい。

 

休めりゃなんでもええんやけどな・・

 

転職活動してて、思ったのが。

出世欲が意外と俺はあるのか?ということ。

出世・・とはまた違うんやけどな。

給与の上げ幅どんだけある?ってことかな。

 

土日休みで残業も少なめで入りやすいところって、倉庫とか工場のライン作業員とかなのよ。

色々見てな。

 

流石に平社員一生続きそうな職種はしんどくない?

 

ってなると、大手に行きたくないのよね。

中途採用社員なんか絶対頭打ちなるから。

先ず大手にいけないけど。

 

よー分からんな、自分でも。

まあ何にしてもその新しく入った業界である程度いけるな、でも今の会社じゃ無理だな、ってなったらある程度ポジション用意してくれるところに再転職とかな。

色々やりようはあるやろうけど。

 

いや、働きたくはないんだぞ!!

 

もう自己矛盾しまくりであたまおかしくなりそう。

 

・・・

 

年末ジャンボか・・・

 

 

億の金よ我に降り注げ。

 

頭割れそう!

 

オヒー!!!

 

 

退職が決まった男

2020年1月15日

 

サルレター吉秋完全退職。

 

ようやく決まりました。完全勝利です。

もう間違いない、退職届も出した。ただいま有給消化中。

 

辞めたるわ辞めたるわ言うて結局ほぼ6年かかったという話。

この辺は退職内定出た時点で相当喚いたから言うことないんですけどね。

まあ、ほぼ一緒やな。

確定しましたよ、というだけの報告ですね。

 

しばらくゆっくりしたらーという声もかけてくれるけど、結構毎月支払うものも多くて意外とのんびりもしてられないという厳しめの状況ね。

たくわえ?ないよそんなの。ちょっと東京で無計画に過ごしすぎたかな。まあいい。

 

できれば4月には働いてますよ、みたいな状況にはしたいわね。

ただ、ただ。

大前提として働きたくないんだけど。

そんなこと言うてられんけどね。

 

あ、あと一個退職に当たってすげぇひっかかった話がな。

なんかしらんが、もう退職決定なんだけど。

忘年会絡みは出席しろと。

その時に言われたのが

 

・人が嫌でやめたんじゃないでしょ

・円満退職だからね、気をつかうことないよ

 

ってことなんだけど。

一つ目は、まあそうよ。それはそう。

アイツの下で働きたくない!!辞める!!!ではないのよ。もっと低い次元なのよ。

働きたくない!なのよ。拘束時間長すぎな。年間休日70日ぐらいやん。

一日の残業時間が8時間越えた時点で2日分なのにガチ徹夜はヤバイよ。とかとか、なのよ。

 

あと「円満退職」がすげぇひっかかった。

まあ、ある意味俺が6年もかかったのはできれば円満に退職したいという話で。

むしろこの言葉を聴いたのなら

思ったとおりになったぞ!!!

と喜ぶべきなんだが、シンプルにムカついたのよね。なんか。

向こうが折れての円満退職やぞ、みたいな押し付けがな。

 

折りしろが無いぐらい折れまくって、関東まで行ってぞうきんになって帰ってきた結果なのよ。

ていうか、俺が今ちょっとでも変な動きしたら円満ではなくなるからな。

支払われてない残業代とかなんとかかんとかよ。

そういうのがあったんかな。

パワハラで訴えられかけて、外部講師招いてパワハラ講習とか開くハメになったりしたのも忘れてるんやな。

それボクの同期が辞める時に騒いでたやん。

 

いや、どうでもええ!!

もうどうでもええのだ!!!

俺は辞めることができたのだ。

退職王に俺はなる、なのだ。

 

さぁー

 

どうなるのかな人生。

 

不安っちゃ不安だけど、もうどうにかするしかないしな。

やるこた、やるよ。

 

年末ジャンボ当たればねぇ

 

時間はできたのでブログもちょくちょく更新していきたいっすねー

もうこの労働期間中にすっかり寂れてしまったからね。

 

オヒー

 

 

退職間近の男

令和元年12月2日火曜日。

 

ここでとうとう6年間騒ぎ続けた退職騒動に終止符を打つときが来たようだ。

前回もコレで流石にやめれなきゃ何しに生まれてきたかも分からんで、という感じのことを書き連ねていて、1ヵ月後とうとう時は満ちたのであった。

 

長かった、マジで長かった。

3日でやめようとしてたのに6年やで。

何倍やねん、アホかほんま。

ざっくり2000日でしょ。

約666倍!マジか、呪われとるな。

 

6年間、辞めたるわ_botと化して人間性を失ってしまった。

マジで学生時代何を楽しみに生きてたのかよくわかんなくなってきてる。

時間あるときって何してたっけ・・

 

ひたすら創作物を消費するか、申し訳程度に作るかしてたか。

何かひとつハマったら磨り減るまで消費しつくしてた気がするわ。

 

昔はとにかくバイタリティがあったね。

当時は出来るときにやってるだけーっていう感覚だったけど。

今思うと色々やってたわ。

 

バイト前に2時間あるから、この時間でマインスイーパー実況動画の素材撮ったろ!

とか。

艦これメンテ入ってすることねぇから、艦これ漫画書いたろ!!

とか。

まあでも浪人時代が一番創作に力入ってたかもなぁ。

自宅で机に向かっても4コマ漫画ばっか書いてたな、東方の二次創作っぽいこともしてたわ。

家にいちゃ勉強しねーわ、と自習室に篭るようになったな。

逆に家にいるときは割り切って漫画ばっかかいてたわ。

どこにも発表しねーのにな。

いや、あれ結局ニコニコ動画にあげたりしたな・・

ガラケー直撮りでな。

携帯カメラと紙とペンなのよ。

 

めっちゃ漫画書いてる感じするけど死ぬほど上達しなかったな。まあいい。

 

関東出張さえすりゃ辞めれるんじゃ!!

という俺の中では確信があったが、辞めれず6年も勤労してしまった功罪はでかくほぼ信用なかったね、俺は。

俺の中では間違いなかったんだけどね。

「ここ付かれると退職に二の足を踏んでしまう」カードが何枚かあったのよ。

それ持ち逃げするつもりでいたけど、結局全然ダメだったのよね。

辞める会社に何を遠慮してんだ、バカかアホかボケかといわれ続けたけど。

関東出張ってのが最後のカードだったのよ、俺の中でね。

 

結局持ち手のカード全部吐くことになったか・・

という話だったので、俺の中ではもうこの辞めロードは目に見えていたのね。

 

いいながら、俺も100%の確信を得るのにギッリギリの今日までかかったんだけど。

気持ちは100だったのよ、あとは拗れるかどうかだけの話で。

 

2日に退職届出す話で決着はついたので。

もう揺るがないでしょ、でも正式な手続きが無い口約束みたいな状態だから、99.9%なんだけど、実際は。

いやーもうやらんよ、流石に。

もう既に社内にサルレター吉秋退社確定でうわさなっとるらしいからな。

正式に出す前に内で騒ぎ出しとるんやから、自滅してくれとるわ。

あることないこと好きに言うといてくれ、もういなくなるからさ。

 

辞めれる確信があってーとは言うたけど、傍から見たら妄言にしか見えんかっただろうな。

もうネタの時期も過ぎてガチの心配もされだして、飽きられもしだして、感情を周回させとる感はあった。

これは何回も主張してたことではあるけど、やっぱ働くのが嫌過ぎて、今働いている自分を褒め称えるじゃないけど、妙なプライドはあったと思う。

いやいや、ちょっとまってよ、俺は働いてるのよ?

乾燥大麻の売買でもしとんのか俺は、ってぐらいみんな責めるやん。

とか思ってた時期もあったよ、もうどうしようもないスパイラルよ。

過酷であるほど、辞めたいと思うほど、それをこなしてる俺を先ず評価してくんない?

って心理ね。

 

でも周りのお友達は、しっかり今の俺が置かれてる状況の異常さを指摘してくれたし、心配してくれてたのよね。

ううーん、働いてるんだけどなーってなってたの俺は正直な。

間違え続けて6年よ。

 

20代の半分ちょっとを労働に費やしてしまったよ。

 

まあでもこれからやりたいことやりゃええとは思うのよね。

やりたいことやればきっとまいにちがおけいこなのよ。

おばかなおりそうもないのよ。

 

RPGも作りたいし、ボードゲームも作りたいし、芝居もしたいし。

漫画もかきてぇし、youtuberもやりてぇし。

 

なんだよ、やりてえこといっぱいあんじゃん。

こういう気力をな、少しずつ取り戻していきたいけど・・・

 

やっぱそれをもう30近いおじさんがやるには安定した生活がいるよな!!

おい!!

やめるのに確かに6年かかって、周りにも心配かけて、やっと成就したかもしれんが!!

 

それって再スタートがようやくできるようになっただけなのよねぇ。

下手したらあの地獄で感情を失ったまま働いていた方がマシと思えるような想像のつかない苦しみが俺を待っている可能性も十分ある。

 

再就職な・・

 

ダメなんだよ、俺は浅いところで労働を舐めてるのよ。

ペロペロキャンディなのよ。

就職活動を舐めまくった結果こんな労働させられているのにもかかわらずだ。

再就職のために色々セミナーも行ったし本も買ったし、見たし聞いたよ。

 

俺が就職活動の時に

 

うるせぇ!!!

って放り投げたものが帰ってきるのよ。

 

ええええええ、結局またやらなきゃだめなのぉ~~??

って感じよね。

しっぺ返しや。

 

そう考えると退職ももちろん不安要素ではあるんだけど。

じゃあ、このまま働いてたら絶対何も変わらないのよね。

チェンジや、チェンジ

マジカルチェンジ

 

チンポという字を一文字変えてチンコや。

 

何がや。

 

もう30近くなったけどマジで人としての変化は皆無だわ。

チンポからチンコぐらいの変化や。

 

何の話してんねん、さっきから。

 

退職内定でましたよって話だけのつもりだったけど。

 

 

あーブログの更新頻度もあげたいってのもあるね。

辞めてからの話で。

やっぱブログはサルレター吉秋の活動初期を支えたコンテンツだから大事にしたいもんねー

 

さーあと一週間だ。

退職しましたレポで次はお会いしましょう!

 

異常!!!