吉秋レターのはてなのブログ

サルレター吉秋のブログ

サルトーークアーカイブス #6五百円玉を要求する男

またも中学エピだけど小ネタ

 

#6五百円玉を要求する男

 

出だしからこの話するにあたっての話でエピソードひとつ消化するな・・とかなんとか。

色々あって中学3年次のクラス編制が意図的としか思えないほど地獄絵図となっていて、完全に心の扉を閉ざしていた時代の話。

これはまた別でするとして・・

 

砂原(仮名)というふくよかなサイコパスみたいなクラスメイトがいた。

不良というわけでもなく、別に真面目なわけでもなく、何考えてるのかよくわからねぇヤツだった。

宿題やってこなかったらラグビー部に入部させる。

と、こわもての廃部危機のラグビー部顧問の英語教諭に宣言され、宿題をやってこなかったのでラグビー部に入部させられた男。

 

誰か特定の友人がいる様子も無く、口数も少ない男だったが何故か俺に絡んでくる。

どんな会話してたか殆ど覚えてないけど、唯一覚えているのが

 

「なぁ、五百円ちょうだい」

 

って何の前触れもなく言ってくること。

 

何やねんお前、なんで五百円あげなアカンねん、向こういっとけ

 

っていうやりとり、誰かが聞いてるわけでもなく、卒業まで一年ほどずっと続いた。

マジでそれだけの話。

 

卒業後、数年して砂原(仮名)を街で見かけた。

雨降りの日だった。

自転車の後ろに器用に傘を刺し、前は自分で挿し。

開いた傘を前後に1本ずつ装備しながらゆるやかな坂を下っていった。

 

その光景を2度見た。

 

彼は今五百円程度なら自由に扱えるようになっているのだろうか。

 

いや、すまない。

心底興味が無かった。

 

話数費やすような話じゃなかったね

 

「五百円ちょうだい」

って急に言って来るヤツがおった。

ただそれだけの話だ。

 

 

サルトーークアーカイブ #5軍艦コミュの誕生

大体人を馬鹿にする話に終始してしまう中学時代エピが続いてもなぁ・・

と思ったので、高校時代エピを入れよう。

 

最近は聞かれないけど

「軍艦コミュって何?」

ってよく聞かれていたので、その由来やいきさつをざっくり話そうと思う。

 

#5軍艦コミュの誕生

高校時代の友人らとの集まり。

 

以上。

 

もう簡潔に言っちゃうと本当にこれだけ。

これ以上の説明は無いよ?ってぐらいに無い。

実際「軍艦コミュって何?」

と聞かれると

「高校の時の友達のことやねん」

って返してたし。

 

同じこと二回言うた。

 

詳細に話すと間にまた色々エピソードが混じるし、高校時代のエピソードではないのよね、厳密に言うと。

 

色々割愛するけど、とにかく僕は高校には人間不信になりに行ったようなモノだった。

色々尖りまくってた時期だったし、ここで俺は人付き合いはせん、と心に決めてしまってた。

でもまあ、その中でも気の会う人が何人かは出てくるのよね。

しかし、あまりにも高校への不信感でいっぱいだったサルレ青年は頑なに深い交流をしてこなかった。

その時特に仲の良かった2人がいて、ゲームやお笑いの話でよく盛り上がっていて

「いつかドンパしよう」

ドンキーコングパーティ(SFCドンキーコングをみんなでやろうの意)

といいつつ、それは実現してこなかった。

そしてそのまま卒業を迎えた(卒業式は色々あって欠席した)

 

その後どのタイミングかは忘れたけど、一度会う機会があって

 

「そういえば、ドンパも結局しねぇまま卒業したな」

「大学もみんなバラバラだし(サルレター君は浪人)」

「やるか、ドンパ!」

 

と、高校というキャップが外れたことにより、僕も素直にこの関係をここで終わらせるには惜しいという思いも芽生えて、ドンキーコングパーティが開催されたのだ。

 

そこで僕も色々打ち明けてもいいかな、という思いもあり、サルレター吉秋の存在を明かした。

 

程なくして

軍艦コミュニティの名前の由来のひとつが生まれる。

 

そのときの友人の一人が、ネットで名前を出すことになったがHNを使いたい。何か言い名前ないかな。

とのこと。

その時僕は小中学生が出入りしてる簡易チャットに出入りしてて(ほんとなんでこんなことしてたかわかんないけど普通に荒らしてたなぁ)そのときは「海鮮丼小西」という名前で活動していた。

それがなんとなく頭にあって

 

軍艦巻太郎」

 

という名前を提案したら通っちゃった。

今でも少し崩してるけどそのまま使ってしまっているから、この罪はでかいよね。

 

この辺りでみんなブログ始めてみようとかで、みんなネットで活動する名前を持つようになった。

ここがベースになった気はする。

 

ドンパは継続して行われていて、どちらかというと家に眠ってるレトロゲー掘り起こしてやってみるような感じに。

そんな折、メンバーの一人が

「実況動画に結構はまってて・・」

とのこと。2010年くらいの出来事。まだニコニコ動画が勢いあった頃ね。

 

よっしゃよっしゃ、自分たちでもやってみようぜ!!

ってとこまで盛り上がっちゃったんだよね。

 

そのときに動画を上げるために作ったグループが

 

com.nicovideo.jp

で、軍コミュという名前が自分たちのなかで定着していったということなのです。

 

生放送したり、合同で実況動画あげたりしてたわ。

個人的にも実況動画あげてたわ。

マインスイーパとか、ハム将棋とか。

 

まあ、ただそれだけの単語をツイッターで喚き散らしてただけなので。

気にされて聞かれてもマジで内容無い・・みたいな。

そんな感じ。

 

ああ、高校時代を思い返したらやっぱエピソードそれなりにあるな。

軍コミュのみんなと高校時代にやった遊びの話とかな。

結束がひとつ強まった話とか。

 

予告編みたいに何個か思い出したうちに言うとくか

 

・狂気!シャーペンの芯1本出しゲーム!

・狂気!チャンギ空港で熊出没!?

・狂気!机の下でミサンガを回避する男!

 

 

狂気ばっか!!

 

 

 

 

 

 

サルトーークアーカイブ #4実現不可能な公約を掲げてしまう男

今回は軽く、#3まで出演していた卓沢君の絡む話を一度やめておこうという試み

 

#4実現不可能な公約を掲げてしまう男

 

「俺はクラス全員と友達になる!!」

 

中学3年の春、高らかに宣言する一人の男。

3年次に立てる目標か?と思いつつ、隣でそれを聞いていた友人がポツリ

 

「俺が折る限り絶対無理やんけ」

 

かくして、彼の目標は立てた瞬間に実現不可能となってしまったのであった。

 

この話は当時の現実でのテンポが良すぎて今でも印象に残っている話。

話としてはもうこれで終わりなんだけど、少し彼絡みの話もあるのでする。

 

彼が見てほしかったもの

「みんないくで~~!!」

もう経緯も理由も思い出せないが、とにかく彼がまた高らかに宣言したのだ。

声があがったので、見てみると彼は給食で出てきたデザートのリンゴを一口で食べようと試みていた。

教壇の前で口いっぱいにりんごを含む彼。

ある意味彼をキッカケにクラスに団結力のようなものが生まれた瞬間だった。

思い返すと人がこんなに哀れな瞬間があっただろうかと思う。

 

ヤンキーは本質を突いてしまうという風潮

クラス全員と友達になりたかった彼は真面目でもなんでもなくて、授業の妨げになるようなありふれた問題のある生徒だった。

ヤンキーというほどヤンキーでもないし、でも問題児ではあるし、みたいな。

うっとうしいお調子者みたいな感じ。

まあでも、ヤンキーとはよく遊んでるみたいやし仲良くしとるんやろ、と思ってたけど違っていた模様。

 

体育でサッカーをしていたときだ。

これもひと悶着あるんだけど、とにかくこの中学校の体育の授業は参加しない方針を打ち立てた僕は、花壇にたたずんでいた。

そうすると、特に理由も無く授業をサボるヤンキーが隣に来たのだ。

話かけてくんなよ、お前らと違ってこっちは信念でサボっとんねんボケが。

とか思ってたら

 

「こっちこっちー!パス!パス!!!」

 

と相変わらずクラスのムードメイカーをかってでる、クラス全員と友達になりたい男。

そんな風景を見て、ヤンキーが急に話かけてきた

 

「アイツムカツクねん、ホンマ」

僕は静かに賛同した

「周りでチョロチョロしてっけど・・アイツ友達おらんやろ」

僕は静かに爆笑した

「今度近づいてきたらシメたろ」

 

近づいてしまったのか、1週間ぐらいはおとなしい時期があった。

 

思い返すとやはり哀れなのだが、いたし方が無い。

誰からも賛同を受けていないのに、クラスの人気者がやる振る舞いだけをするような男だったから。

あとビジュアルも焼きおにぎりみたいだったからというのもあるだろう。

彼が今どういう交友関係を築いているかは分からない。

 

卒業してから数年。

まだ前略プロフィールというサイトが生きをしていた頃。

なんとなく中学時代の野郎がおるか??と検索をかけたらヒットしてしまった。

 

「学校のヤツ全員と友達なる!みんな絡んでや!!」

 

アウストラロピテクス

 

ネアンデールタール

 

クロマニヨン

 

カランデヤ

 

 

サルトーークアーカイブ #3操作された生徒会選挙

卓沢君の話ばかり続きそうなので今度は違うエピソードを

 

#3操作された生徒会選挙

 

「今回の生徒会選挙は定員5名のところ、5名の立候補しかありませんでしたので、全員当選となりました。そのため、全員当選とし選挙演説は行いません。今から今回新しく生徒会役員となった5名の自己紹介を行います」

 

「今回生徒会長となった○○ですー・・」

 

と、校内放送が流れる。

毎回このパタン。

まあ、誰が好き好んでやるねん、この退廃した中学校で・・

やってくれそうな生徒を先生から逆指名しとるんでしょ。

 

通っていた中学校の生徒会は二期制。

中2の秋にその予想は完全に的中していたことが判明する。

 

「サルレター君、生徒会に興味ないか?」

 

入学からずっと学級委員をやっていたので、ある意味規定路線。

部活サボれるという理由9割でやってたんだけどね。

(部活エピも色々あるなぁ)

 

放課後同じように声を掛けられた僕を含む5名が集結する。

生徒会長、書記、体育部長、文化部長、生活部長

この5名で生徒会を運営する。

この集められたメンバーで構成しなくてはならないので、割り振りを事前に決めておかねばならないのだ。

 

ぼく

PTA会長の娘

まじめでいいヤツ、僕と同じ部活の男

頭が良く真面目と考えられていた女子

その友達の双子の後に髪を短くしなかった方

 

この5人だ。

役割が被ると選挙になるので、話し合いの結果僕は体育部長になった。

 

その後の生徒会活動もチャプター結構消費するぐらい色々あんだけど。

しまった先そっち話すればよかったか。

完全に見切り発車で書いてるし。まあいい。

 

色々やって、生徒会の改変期を迎えた。

 

生徒会活動の幅を広げていきたかった僕は、お前もやってみたらどうや、お前が居てくれれば俺もやりやすいし、もっと違う事もできるかも

と、あの包丁を持たせてはいけない男を勧誘していた。

 

サルトーークアーカイブ #1包丁を持たせてはいけない男 - 吉秋レターのはてなのブログ

 

なんやかんや仲良くはしていたんだけど、当時。

魔法先生ネギま!の話題できるのこの子しかいなかったし。

 

「おう、俺も立候補するわ!生徒会やってみたい!」

 

よっしゃいけいけ。

次もやるでーと、俺も先生に声をかけた。

 

しかし、毎年逆指名制度の生徒会に今回は異変が起きていた。

今回の選挙で定員を上回る候補者が教師から逆指名する前に出てしまったのだ。

 

これまでのコピペ生徒会活動に俺が警鐘を鳴らしまくり、それに呼応した教師の助けもあり、色々派手にやってたのだ。

今回は割愛するけど、それを見て俺もやりてぇ、私もやりてぇの浅い候補者が多数出てしまったのだ。

 

あ、これ順番逆やな。

浅い候補者が多数出たから、俺がアホかボケが、俺やから成立しとんじゃ、こんな輩とやるくらいなら、包丁の男をそれこそ懐刀として置いてたほうがええわ、と思って誘ったんだった。

 

卓沢君はある意味有名人だから票はもう0か100だろ、選挙演説も一緒になって考えてもいいかもしれんな・・

とか色々考えてたら、包丁の彼が神妙な面持ちで話しかけてきた

 

「吉秋君、俺、生徒会ダメだって」

 

ん?どういうこっちゃ

 

「昨日先生から家に電話かかってきてさ、お前は上からも下からも目をつけられてるから、生徒会の立候補はやめておけって言われて・・」

 

おいおいおい、どういうことやねん、そんなことで被選挙権が奪われることあるか??

立候補すらさせてもらえないってどういうこと?

これは要抗議案件か??

 

と思ったけど、どうやら沸いてきた浅い候補者一同も何かしら理由をつけて辞退させられていたようだ。

周囲でそんな話題があちらこちらで聞こえてくる。

 

当時は、なんだコイツだけじゃなかったのか・・

と引き下がっちゃったけど、これ結構な大問題よね。

これが結構な大問題だという所までは当時の俺は気付くことができなかった。

みんなそうなのか、と思っちゃった。これは今でも少し心残り。

 

結局改変後は同じメンバーにまた声がかかり、頭が良く真面目と考えられていた女子の友達の双子の後に髪を短くしなかった方が辞退して、リア充グループの女子だけどギャルってわけでもなく活発な普通のいい子が新しくメンバーとなった。

 

「今回の生徒会選挙は定員5名のところ、5名の立候補しかありませんでしたので、全員当選となりました。そのため、全員当選とし選挙演説は行いません。今から今回新しく生徒会役員となった5名の自己紹介を行います」

 

というお話。

多分この時の俺が一番痛くて一番元気だった気がするな。

そのエピソードはまた書こう。

 

 

 

 

サルトーークアーカイブ #2テーブルクロスを占領する男

前回の包丁を持たせてはいけない男の話をまた

サルトーークアーカイブ #1包丁を持たせてはいけない男 - 吉秋レターのはてなのブログ

 

#2テーブルクロスを占領する男

私の通っていた中学校は給食制度が続いていた。

給食の変化、みたいな本で50年くらい前の給食の写真が今自分たちが食べているのと変わってない(食器の質感とか)と当時軽く騒ぎになった話はまた別として・・

 

給食の時間には5人ないし6人の班毎に机を向かい合わせにし、それらを覆える大き目のテーブルクロスを敷いて給食を迎えるのが恒例だった。

そして、そのテーブルクロスは週末ごとに班員が持ち回りで持って帰り洗濯して週明け持ってくることになっていた。

 

「ええよ、テーブルクロス敷かなくて・・」

 

とある週明けの給食時間、班員の女子が声を上げた。

 

そう、先週あの包丁を持たせてはいけない卓沢君(仮名)がテーブルクロスを持ち帰っていたのである。

 

包丁を持たせてはいけない卓沢君(仮名)は、常に包丁を持たせてはいけない言動を繰り返していたこともあり、完全に悪い意味で早くも有名人となっていた。

簡単に言ってしまといじめの対象となっていたのだが、本人は虚言妄言を繰り返すし、暴力は振るわれつつも、本人もやり返すし(あまりにも非力なのだが)教師連中からもお前自身にも問題があるよ、みたいな感じで対処されてた。

 

それだけなら、男子間だけで済んだのだが、やや清潔感にかける部分があり、机から完全にカビの生えたコッペパンが出てきたりするから女子からも嫌悪の対象として見られていた。

 

不良生徒に喧嘩売るような発言するのは僕もいただけなくて、彼には何度か苦言を呈していたが、カビたコッペパン事件も腹抱えて僕は笑っていたので、彼とは少し距離を置きつつも仲良くはしていた。

 

なんか長くなったな。

確かに不潔感は否めないもんな。

と僕も使いたくない気持ちは理解できたので、卓沢君の隣に席を移し

「じゃあ、二人で使うわ」

と、机二つ分の大きさに折りたたみテーブルクロスを使用した。

 

もちろんクラスで1班だけおかしなテーブルクロスの使用状況になっているので、先生にはすぐバレますわな。

何故このような形になったかを聞かれたが、卓沢君が今週は持ってきたこと、女子が使用を拒否した旨を伝えた。

 

「そうか・・」

 

あ、通るの?通っちゃうんだ。

許すのこれ、この状況。

ああーそうなんだ、先生もそう思うんだ、はえーーー

 

ってなったお話。

この話マザーに披露したら

「なにそれ、学校に電話しよか」

とか言い出して

ええねん、ええねん、ややこしなるから頼むからやめてくれ!!

とかなった。

 

学校に対する不信感が入学3ヶ月ぐらいでマックスまでいったという話。

 

そういえば、俺と同じ班じゃなかった時どうしてたんだろ。

卓沢君とは中学一年生の時しかクラス一緒じゃなかったし、16年前の話かいな。

その後も同じ班のときは折りたたんで使ってた覚えはあるけど、どうしてたか覚えてないな・・

 

彼の話だけでチャプター何個消費するやろ

 

 

ブログ開設14周年

ブログ開設14周年でやんす。

もうほぼ死に絶えているけど。

こないだちょっとトーク話をブログに溜めていくか?

と1回だけ書いたりしたけど。当時に比べるとやってないのとほぼ一緒ですわな。

 

毎日ブログに何書こう?今日のネタは?

とか思いながら過ごしていた日々が懐かしい。

みたいな回顧話前にもした気がするな。

SNSサイトの台頭がどうのこうのみたいな。

 

移転したりして、何かしら変化つけてブログを続けていこうとはしているけど。

思い入れだけはあるんやけどな、何かこう活用をな。

というので、トーク話はその一環だったわけですが。

 

そんなことをしながら先日youtuberデビューしました。

 


吉秋レターのyoutuberデビュー!

 

まあ、完全な出オチなわけですが。

 

また手間を食うようなことをしてしまったがために、これで終わっても現実的に考えるとおかしくないなぁ。

一人暮らしだからこそできることはないか、と模索した上で結論がこれで、まあ埼玉出てくる前からやろうとは思ってたんだけど。

実行に移すまでにもう2ヶ月費やしとるからね。

 

一眼レフカメラの動画機能使ってるから、画質は申し分ないけど音声がきれいには拾えない。

別売りマイク買う手もあるけど、そこまで金使うのもな。

三脚は今後も使いそうだから買ったけど。

ウィッグは2500円くらいだったかな、思ったよりは安かったから買ってまえの精神で。

 

話それた。

音声がうまくとれないから、別撮りしてんすよね。

それで余計に時間かかった。

動画編集ソフトもこんなでっかく広告出るとは思わなかったわ。

サンプル動画やんけ。

 

まあ、長続きする趣味とは思えんから、ええかとは思ったけど。

よっぽど続くんなら考えるけども。

 

まあ、続かないでしょう!

とはいえ、こっちいてる間に最低2本は作りたいかな。

 

まず仕事が忙しいっちゅーねん、というお話もありましてな。

 

 

まあ、やめるし。

また言い出したら同じ話しかしないので。

今日はこれまで。

 

マデゥ。

 

 

サルトーークアーカイブ #1包丁を持たせてはいけない男

サルトーークアーカイブ

twitterなどで度々するエピソードトーク、何度も同じ話をするのでまとめてみようという試み。

 

#1 包丁を持たせてはいけない男

 

2003年4月、サルレター吉秋が中学生になった初日の出来事。

 

小学校を卒業し中学生になる少年吉秋。

環境の変化に不安と期待感の入り混じった緊張感を感じながら進学していくのが一般的だが、ただひたすら不安しかなかった。

 

この話を深く掘り返すともうひとつエピソードができるけど今回は割愛。

ざっくり説明すると学級崩壊を起こしている中学校へ進学をせざるを得ない、というあまりにも残酷な仕打ちを12歳の少年は受けていたのだった。

 

その中学校の制服を着て歩いているだけで、何か悪いことをしているのではないかと疑われるような生活をこれから3年間に渡ってすごさなければならない。

その渦中で俺は生きて帰ってくることができるのだろうか。

とにかく嫌で嫌で仕方が無かった。

 

A、B、C三つの小学校の生徒が通うことになる。

生徒の人数の割合で行くとA:B:Cで5:3:2ぐらいの割合だった。

吉秋少年はA小学校の生徒だったので、半数は知った顔だから、まだなんとかなると思っていた。

 

卒業の3ヶ月ほど前に中学校への見学会があり、絶望することになる。

30分ほど授業を見学して、放課後部活動の見学をして帰る。というスケジュールだった。

まず校舎のボロさが気になったが(ここも掘るとエピソード1個ぐらい出てくる)後ろの席の絵に描いたようなヤンキーに12歳の少年は心底嫌気が刺してしまう。

この中の誰かがああなるんか??と。

極めつけは、放課後の部活見学。

サッカー部の連中が見学中の小学生の列をゴールに見立ててシュート練習してきたの。

 

もうマジで無理、ここは墓場だ、俺は3年かけて骨を埋めるために通い続けるのか。

 

色々話を聞くと、どうもABCのうち人数の一番少ないCの小学校出身連中に精鋭が多いらしい。

もう同じ小学校の比較的仲良くしてる人間以外は全員小学生を的にするような人間しかいない。

そんな精神状態で俺は入学式を迎えた。

 

クラス発表があり、そこで当時最も仲良くしていたヤツと同じクラスになったことだけ安堵はしたが、残りの顔の知らない連中は全員かかわってはいけない人間に見えた。

こちらから話しかけることは永遠にないだろう・・

そう思っていたら、休み時間に前の席のヤツが振り返り急に話しかけてきた

 

「おう俺は卓沢(仮名)よろしくなっ!」

 

ガリガリの天パの男が威勢よく挨拶してきた

 

「あーサルレターやで、よろしく」

 

不良感は全く無いし、元気なヤツではある。

ノリがなんかわざとらしいけど、急に話しかけてきて何や・・

 

卓沢「オレに包丁を持たせるなよ?」

ぼく「・・なんで?」

卓沢「オレに包丁を持たせると人格が変わってな・・何をしでかすか分からんのだ」

 

え、こんなんも取り揃えてるん???

 

不安で不安で仕方なかった中学校への進学。

初日の一発目で別の不安要素入れてくる?

マジ??

 

というお話。

卓沢君(仮名)絡みのエピソードはいくつかあるけど、今回は登場編みたいな。

 

こんな感じで思いついたり、書く気になったときにエピソードトークアーカイブしていこう。

という感じ。